お腹が痛い女性と白い薬

胃腸に悪い嗜好品

お腹が痛い女性

胃腸は食べ物を消化し栄養分を吸収する大切な器官ですが、ストレスなどで不調をきたしてしまうことの多い部位としても知られています。
仕事や人間関係といった精神的なストレスはもちろんですが、胃腸に刺激を与えてしまう食品を食べることによる物理的ストレスでも傷つき、特に刺激の強い嗜好品を過度にたしなむ方は注意が必要です。
ついつい量が増えてしまう嗜好品として挙げられるのは、まず第一にアルコール飲料です。

アルコールには胃酸の分泌を促進させる効果があり、そのことにより食欲が増進し美味しく食べ物を食べることができるようになるのです。
これがいわゆる暴飲暴食につながってしまい胃もたれや胸やけ、むかつきを生じさせてしまうのです。
これだけも体の調子をおかしくしてしまいますが、アルコールを大量に摂取すると強い刺激により胃酸と胃粘液のバランスでが崩れるので胃粘膜が荒れます。
このような状況が続くと胃炎、胃潰瘍と症状が悪化していき、胃がんにまで発展することもあります。
こういった過度の胃酸分泌を抑えるならネキシウムが効くので、それをおすすめします。

その他食道や大腸といった部位にまで胃酸が届いて各部位が荒れる恐れもあり、長期的に摂取するとやはりポリープやがんを引き起こす事があります。
意外なことにたばこも胃腸に悪影響をもたらします。
呼吸器系や循環器系に悪影響を与えることで知られる喫煙ですが、毛細血管が張り巡らされている胃の粘膜にも影響があります。
喫煙で血行が悪くなると酸素不足になり胃の運動機能低下をもたらしてしまいますし、粘膜の抵抗力も弱まります。
これによってアルコールと同じように他の部位に強い酸性の胃液が流れていき炎症を起こしてしまいます。
何事もほどほどが肝心ですが、アルコールやたばこというのは癖になりやすいものですからどうしても過剰摂取につながりやすく、その性質も胃腸に悪影響をもたらしているのです。

それに加えて現代人は正しい姿勢でいられる人が少なく、潜在的に腰痛予備軍の方が多くいます。
もちろん進行形で腰痛だと言う人もあなたの周りにも多くいるでしょう。

そういった腰痛などに効く薬としてセレコックスがよく処方されています。
非常に安全性が高く、セレコックスは胃を荒らす副作用が少ないことが特徴です。
胃腸に悪い嗜好品を断つことも必要ですが、現代人にありがちな猫背などの悪い姿勢、肥満の人がなりがちな腰痛など、生活習慣が密接に関わる病気などは未然に防ぐことを意識しましょう。